旅先で恥をかかないために

1ヶ月で旅行英会話をマスターしよう!

 

 

海外に旅行に行くとき、
ある程度英語が話せたほうがいいというのは、
誰もがわかっていることだと思います。

 

それは、単に旅行の楽しさだけが理由ではありません。

 

何かトラブルがあったときに
対処できる能力があったほうがいいのです。

 

旅行で英語を自由に話せるようになる方法を紹介します。

 

旅行での英語の能力は限定的

 

 

旅行では、英語の能力が高いに越したことはありませんが、
そこまで高い能力は必要ありません。

 

でも、心構えとして、
自分の意見を言えるようにしておくことが大切です。

 

たとえば、ホテルのトラブルでよくあるのが水関連です。

蛇口をひねっても水が出ない・・・

 

そんな時に一言ホテルに連絡を入れないと、壊したと思われて、
修理代を請求されることも考えられます。

 

あと、レストランに行ったら、
注文した品物が出てこない・・・

これはよくあることですよ。

 

あなたならなんて言いますか?

 

おとなしく待っていても、いつまでも出てきません。
こういう時には、しっかりと主張しなければなりません。

 

日本では、起きようがないミスも海外では平気で起こります。

ちょっと脅かすようなことを言いましたが、ご安心ください。

旅行で必要な会話って、ほとんど決まっているんです。

 

なので、シチュエーションに分けて
少しトレーニングを積むと、海外へ行っても困らなくなります。

いきなりスピーキング

 

旅行へ行くだけなのに、真面目に文法やって、単語やってと
やっていたら、いつまでたっても旅行へ行けませんよね。

 

なので、必要なジャンルだけ勉強したらいいのです。

即効、旅行に必要なフレーズをスピーキングから練習します。

 

旅行に必要なフレーズをとにかくインプットして、
片っ端からアウトプットできるようにして準備するだけです。

 

関係代名詞とか、接続詞とか、
そんなことを気にする必要はありません。

 

でも、相手の言葉を理解できなかったら、
そもそも受け答えができないのでは?
と心配している人もいるのではないでしょうか?

 

そこで私がオススメするのが「Hapa英会話」という教材です。

 

Hapa英会話をなぜお勧めするのか?

 

Hapa英会話は、シチュエーションから会話の内容を予測する
という方法をとっている、ユニークな勉強方法です。

 

ネイティブスピーカーも完璧に聞き取れているわけではない。
という事実から、生み出された学習法です。

 

ネイティブスピーカーもすべては聞き取れないけれど、
会話が成立しているのは、シチュエーションがわかっているからです。

 

つまり、シチュエーションがわかっていたら、
細かな英語の表現が聞き取れなくても、
断片的に、単語が聞き取れたら、不自由なく受け答えをすることができるのです。

 

文法とか、リスニングとかもう面倒!

 

机の上での勉強はもう嫌!
とにかく私は実践派です!という人は、Hapa英会話がピッタリです。

 

Hapa英会話は、CDを使ってロールプレイを
繰り返すだけで身につけることができます。

 

このロールプレイを繰り返し行うことで、
自然と応用力も身に付きます。

 

英語会話の特訓は、
英会話学校に通うとなると、とんでもなく高額です。

 

それなのに、英会話のクラスに週1回、1年間通っても
実際、なかなか話せるようになることができません。

 

旅行英語だけ、とにかく短期間で
マスターして、さっさと現地で実践するほうが得策です。

 

Hapa英会話で学べること

 

 

Hapa英会話の教材で学べるシチュエーションは以下です。

  • カフェ編
  • ファーストフード編
  • レストラン
  • ホテル
  • ショッピング
  • 道案内

 

これだけマスターしたら、街中で困ることは少なくなります。

何やら食べたり飲んだりするようなものが多いな・・・
という印象でしょうか。

 

旅行してみたらわかると思うのですが、
ずっと外に出ていると、ちょっと休憩するために、
ファーストフード店やカフェに入ることって多いです。

 

旅行していると、食事は3食+おやつは
外食することになりますからね。

 

あとは、ホテルやショッピングや道案内など、
旅に必要なフレーズがそろっています。

 

本屋さんに、旅行フレーズが書き溜めてある本が
並んでいると思いますが、あれでは身に付きません。

 

なぜなら、アウトプットの練習がうまくできないからです。

 

フレーズを覚えるだけでなく、
それをしっかり発音できて話せることができないと、
頭に入っていたとしても使うことができません。

 

早く話せるようになるためには、
強制的にバシバシアウトプットさせてくれる教材が一番です。

 

Hapa英会話はまるで英会話教室に通っているような感じで
学ぶことができるので、単純に、価格以上の価値はあると思います。

 

英会話学校は1年で約30万円以上しますが、
この教材は、1万5千円程度なので、1か月分に換算しても教材のほうが安く、
自分の好きな時にできるというメリットがありますからね。

 

 

Hapa英会話公式サイト